ぽちぐらし

ハンドメイド、エコ、こそだてなど
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

顎関節症のトリガーポイント療法1回目

なんだか気ぜわしくて、UPするのに時間がかかってしまいました。
(実際にUPしたのは6月末。)

顎関節症で銀座にある歯科に通うことにしたぽち。

今回は通院2回目の様子をお送りします。(長いです。)


初回通院日は、予約してから通院開始するまで10日ほどあり、
その間に顎関節の症状が軽減していたのですが
(期待で気持ちが上向きになって改善した?)、
通院した翌日、また噛み締められなくなり、
1週間後の姿勢指導とトリガーポイント療法を楽しみにしていました。

前回は姿勢がいかに顎関節に影響を与えるかの説明DVDで
耳、口角、肩、骨盤の高さの関連性の説明があったので、
姿勢指導の際に自分の現状を計測してくれるのかと期待しましたが、
そういった診察はありませんでした。


2回目の今回は以下のようなことを行いました。

初回と似たDVD(悪い姿勢が歯並びと顎に与える影響)を見て、

よくない姿勢、望ましい姿勢の説明

・下顎はぶら下がっているだけなので、簡単にずれてしまう。
・歯列矯正でワイヤーで引っ張る力はわずか100g程度。
・頬杖では数kgの力がかかる事も。⇒頬杖の習慣で歯並びがガタガタに。

寝姿・・空気を入れて首の部分の高さを変えられる枕についての
 説明と軽い販促。

・うつぶせ寝では何時間もわたって顎に力が加わる為、
 仰向け寝が望ましい。

座り姿勢・・前下がりに座れる椅子とクッションについての説明と軽い販促。

・座る時に足を組む姿勢は骨盤の位置が正しくない為、
 腰・肩・頭が曲がり、顎もずれやすくなる。
・具体的にはバランスチェアに座った時のように、
 軽く下肢で体重を支えるような姿勢がベスト。

立ち姿勢・・ストレッチプロを使用し、つま先を上げる。

・踵を下げてまっすぐ立つこと数分。更に角度をつけて数分。軽い販促。

徒手によるトリガーポイント療法

院長先生いわく、注射によるトリガーポイント療法を行う病院は数あれど、
徒手によるトリガーポイント療法を行っている医院は少ないそうです。

理由は施術士が大変だから。

ものすごい親指パワーで、噂に違わぬ痛さ。
覚悟していても思わず体が逃げてしまう有様でした。

力んでしまうとツボが分かりづらくなりそうだし、
「ヒ、ヒ、フー」じゃないですけど、かなりがんばって力を逃がしました。

最後の方は「猛獣の牙にかかってしまって重症を負った草食獣」の如く
「諦観の念」の一言。

押す位置は、ほぼ普通のツボの位置と同じでしたが、
中には初めて押すような場所もありました。

最後には自己ストレッチ方法の解説と、トリガーポイント療法の
好転反応について書かれた資料をもらって帰路につきました。

帰宅後は想像していたような揉み返しはほとんどなく、
2~3日後には少し楽になっていました。

本当に効果が実感できるのは、コンスタントに5~6回通った後、
と言われた通り(?)、コリに関しては目を見張るような変化は
ありませんでした。

が、まだ残っていた顎関節症はすっかり改善し、
トリガーポイント、日にち薬、どちらのお陰かよく分かりませんが)
その後1ヶ月、出ていません。

本当は1週間~10日で次回のトリガーポイント療法を受けるのが
Betterだそうですが、スケジュールが合わず、次回は1ヶ月後に。

先生は「5回は受けて」と言っていましたが、結構ツラい治療だし、
症状は改善しているし、次回を受けたらしばらくいいかな~、(^_^;)
という感じです。

ちょいちょい販促が挟まれる事に、ちょっと笑ってしまいました。
やっぱり銀座でクリニックってタイヘンなんですかね~。

これぐらいしっかり書いてあれば、忘れっぽいぽちも
読み返し、思い出しつつ、予防に気を付けられることでしょう
スポンサーサイト
【 2013/05/25 (Sat) 】 健康 | TB(0) | CM(0)

うちのペット

ペットを飼いたいと言われました。

我が家はカーペットなので、犬猫はもちろん、
フンを落とされても困るので、小鳥もビミョー。
お掃除もタイヘンなので、水槽モノもイヤだな・・・

というわけで(!?)、手始めにダンゴムシを飼う事にしました。(笑)

ネットで調べると、結構カンタンに飼えるようです。

ツルツルの壁は登れないから、ガラスの器でOK。
あとは土と枯葉と石を入れて。

DSC01634.jpg

直径わずか10cmほどのガラスの器に6匹のダンゴムシ。
いつまで生き延びてくれるでしょうか。

・・・逆にワンサカ殖えたりして!? (^_^;;;

ちょっぴり楽しみです。
【 2013/05/24 (Fri) 】 こそだて | TB(0) | CM(0)

アーユルヴェーダ的生活

アーユルヴェーダとは、簡単に言えばインドの伝統医学です。

脈診による体質・性格診断、医食同源、オイルマッサージ、
ヨガ、心豊かに暮らす方法・・など、
医学というよりライフスタイルといった方がいいかも?
と思えるほど、生活に密着した学問です。

※調べると、サンスクリット語の「アーユス(aayus|生命)」と
「ヴェーダ(veda|知識、学問、真理)」が合わさった言葉、だそうです。

中には「牛乳は他の物と混ぜるとよろしくない」
「蜂蜜は温めると毒」なんて「?」な内容もあるのですが
(昔のビン事情とかが関係あるらしく、今は無意味な言い伝え?も。)
ふと読んだ雑誌の記事、「アーユルヴェーダ的生活のすすめ」に
実践したい内容があり、備忘録まで、書くことにしました。


何かをやめるより、新しく始めることを考える。

⇒前向きかも~。悪い習慣はいい習慣を増やすことで少なくしていく作戦!?

朝起きた時や、眠る前に静かな音楽を低く流す。

⇒静かな音楽どころか、「起きなさい!」「もう寝る時間でしょ!」と
 怒鳴ってました・・・。

短時間でもできる簡単な運動を日課にする。

⇒とりあえず、ラジオ体操を再開しました。

ポジティブ思考・・
失敗したら立ち止まって「次はどうしよう?」と考える。


⇒後ろ向きに「あーもー」となりがちですが、、、心がけます。

なんだか肩の力の抜けた、なちゅらる~でステキな人になれそう。

他にもいろいろ、全10項目ありました。
気になる方はGraziaの2012年3月号でご確認ください。

Grazia (グラツィア) 2012年 03月号 [雑誌]Grazia (グラツィア) 2012年 03月号 [雑誌]
(2012/02/01)
不明

商品詳細を見る

(図書館で読んだので、古い・・です。ごめんなさい。)
【 2013/05/21 (Tue) 】 生活 | TB(0) | CM(0)

近況

お久しぶりです。
このところブログをお休みしていました。

といっても意図的ではなく、正真正銘、忙しかったから。

4月の間は、昨年度、幼稚園PTAで会計をしていたので、
年度末の締めと予算作成と引継ぎ書作成、
新年度に向けた入力フォームの修正などで
思わぬ時間をとられました。

正直、イベントのあった夏休み前以来の忙しさです。f(^_^;)

5月に入ってからはGW、冷蔵庫の買い替えや模様替え、
不用品のヤフオク出品、自身の顎関節症、
子供の神経に達するほどの虫歯治療、相次ぐ発熱など。

ネタが溜まりまくりました。
と同時に、書く気の失せたネタも多数。(苦笑)

書いていないとしゃべりの能力も退化するので、
暇を見ながらボチボチ書いていく予定です。

というわけで、今後ともよろしくお願いいたします。
【 2013/05/21 (Tue) 】 ブログ | TB(0) | CM(0)

顎関節症治療 その1

<顎の不調>


4月の下旬から2~3週間、朝起きると微妙に口の空きが悪い日が続きました。

5月の頭から2週間ほどは日中もずっと顎が痛く、
内1週間ほどは奥歯で噛み締めると激痛が走りました。

5月初旬、近所の整体で調子を整えてもらったのですが、
当日は調子良かったものの、翌日には再発。

以前、もっと調子悪かった時に通った整体ではもっと効果があったような・・
施術士の技量や、相性もあるのかもしれません。

とはいえ、元の整体は自宅から1時間ほどかかる整体。
何年も前のことだから、担当者も変わっているかもしれないし。


<原因?>


顎に負担のかかる事は特にしていないし、思い当たる事といえば
4月の忙しさ、ストレス?
朝起きた時が一番痛むので、寝ている時に食いしばっているのかも。

予備知識はあったので、枕も低くしたり、ストレッチをしたり
自分なりの対処はしましたが、「また開かなくなるかも」という恐怖に、
病院を探し始めました。


<経緯>


就職して2年の若かりし頃。
口が1cmも開かないひどい顎関節症になったのが一番辛い記憶です。

その後も数年に1回ペースで顎がおかしい事がありましたが、なんとかやり過ごしてきて、
5年前に歯列矯正を受けてからは問題ありませんでした。


<病院探し>


根本的な治療を求めて、顎関節症に力を入れている病院を検索。

銀座にちょっと変わったアプローチで顎関節症の治療を行っている
歯科を見つけたので、行ってきました。

歯科での治療というと、一般的には噛み合わせを診たり、
マウスピースを作ったり、という程度ですが、
こちらではそれに加えて姿勢の指導や、
トリガーポイント療法という全身の調整も行うそうです。

歯医者なのに、口の外も診てくれるなんて!

確かに、噛み合わせが正しくても、顎の使い方が正しくなければ
関節症になるし、噛み合わせだってズレてくるはず・・・。

何件もの歯医者で「う~ん」と首を捻られた経験がある私も
かすかな希望を感じながら予約を取りました。


<行ってきました>


一回目は口全体のレントゲン撮影と共に治療プランを聞いてきました。

アシスタントの方も含め、インフォームドコンセントがしっかりしている
病院で、レントゲンと噛み合わせ確認、諸説明にVTR視聴だけで、
受付からお会計まで2時間かかりました。

私の場合、5年前に(別の歯医者で)矯正をしていた事もあり、
治療で低く削りすぎたクラウンがあるのを除けば
ちょっと凸凹がある程度で、噛み合わせの問題は大きくはないとの事。

料金は保険診療で4千円ちょっとでした。


次回の治療から

①日常の体の癖や悪い姿勢を正す・・寝姿勢・座位・立位の姿勢指導。
②トリガーポイント療法で、コリをほぐす。
③ナイトガード(マウスピース)で寝ている間に悪化するのを防ぐ。
を順に行っていくそうです。

ただ・・・ちょっとばかり金額が高い。

姿勢指導(1時間)は約10,500円。
トリガーポイント療法は1回50分、12,600円を少なくとも5~6回。
(頻度は週1~月1程度でいいそうですが。)

少し悩みながらも、「縮んで癒着してしまった筋膜を伸ばしていく」という
トリガーポイント療法に興味を引かれ、二度目も通院する事にしました。

姿勢指導やトリガーポイント療法は保険対象外の為、
カードで支払えるというのも続行を後押ししました。

クリアフォルダに入れていただいた「治療プラン」や
「トリガーポイント療法の好転反応について」などを
眺めながら帰路に着いたのでした。


続きは次回。。。
【 2013/05/16 (Thu) 】 健康 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。