ぽちぐらし

ハンドメイド、エコ、こそだてなど
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

二段ベッド購入

我が家のキッズは7歳と5歳。

上の子がなかなか親離れできず、パパの寝るベッドの横に布団を二枚敷き、
私を真ん中に左右に子供が寝ていましたが、
次の4月には下の子も小学校へ上がるし、
「一人寝が子供の自立心を養う」!?と小耳にはさみ、
二段ベッド購入を決意しました。

二段ベッド・・一人っ子の私にはずっと憧れの存在でしたが、
大人になってから自分の子供に与えるとなると、圧迫感、
ギシギシ、長く使えない、と、マイナス面も多く見えてくるもの。

購入となると、色々と注文が。

・部屋に圧迫感のないデザイン

・簡単には壊れない耐久性

・子供が大きくなっても眠れるサイズ

・高さの同じシングルベッド2つに変更できる

・国内で購入できる

探す中で、条件には当てはまらないけど、つい欲しくなっちゃう
魅力的な二段ベッドも。


・二段ベッドにトランスフォームするソファ
(来客用にいいかも!)
ソファベッド


・テーブルのような足を持つ二段ベッド
(下ベッドの置き方を変えられてす~てき~。
ただ、上段に寝るとかなりきしみ音がするらしい。)
テーブル


・カラフルポップなキューブタイプ
(あまりのかわいさにクラクラ。危うく買いそうになったけど、
子供が大きくなるとかわいすぎるデザインが仇になるかも?)
キューブ


・アートな二段ベッド
(これぞアート!)
art.jpg


・システム家具のような二段ベッド
(ニトリに似たようなベッドが?)
sisutemu.jpg


英語では二段ベッドをバンクベッドと言うようです。

海外製のベッド、なかなかデザインフルです。
部屋も日本より広いからかなぁ?


さて、現実に戻って。


IKEAの家具は廉価でデザインもいいし入手しやすいので
最後まで候補に残りましたが、今は希望の色(白)の二段ベッドがなく、
Angel's Shareさんの北欧二段ベッド、Sievaバンクベッドに決めました。
sieva.jpg

運搬当日は、店長さんがいらして、たった一人で2時間ほどで
設置してくださいました。

白いベッドが少ないのは、黄変によるクレームが多いからとの事。
sievaのベッドはUV塗料を使っており、黄変もせず、傷にも強いそうです

一般的に日本で売られている二段ベッドと違い、組み立て方法が異なるので、
引越しの際、業者から問い合わせが入ることが多いそうですが、
困ったらいつでも連絡してください、と、対応もとても親切でした。
アフターサービスも期待できそう。

マット、ファブリック類は節約してIKEAのもので。
どちらも北欧家具なので、マットの幅が同じで助かりました。


今までおもちゃは床置きで、子供部屋は物置同然でしたが、
これを機に収納も見直すことに。


設置写真と、収納については後日また改めて。
スポンサーサイト
【 2013/08/02 (Fri) 】 こそだて | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。