ぽちぐらし

ハンドメイド、エコ、こそだてなど
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

学校への対応依頼

場面緘黙症の親が学校への対応依頼を行うにあたり、参考になるサイトがありました。

場面緘黙児の支援と対応(保護者向け)

~~~ 一部抜粋 ~~~

「場面緘黙の子どもが、家庭で学校のことや先生のことを話したら、
ぜひ先生に伝えましょう。子どもの気持ちがわかると先生も安心です。」

「視力検査は、指さしのみでできるように、前もって先生におねがいしてください。」

「「状況によって声が出づらいです」の提示カードを利用するとよいでしょう。」

~~~~~~~~~~~~

などなど、気付かされる点が多いです。

恥ずかしながら、あまり深く悩む事もなくくらしてきたせいか想像力に欠けるところがあり、
場面緘黙症によって具体的にどんな事に困るのか、目からうろこが落ちる思いです。


だんだんに親の目が届かなくなり、全ての障害物を排除してまわる事ができなくなることが
わかっているからこそ、上の子にはあえての放任を通してきましたが、
本人の手に余りそうな「困った」には、できるだけ手を貸すべきだよね、と。

小学校という新しい環境に入るにあたり、少しでも安心して過ごせるよう、
色々とできることがありそうです。


かねてからスクールカウンセラーの先生と
「小学校へ入学するにあたってやっておきたい事」を話し合ってきました。

例えばクラス編成について。

場面緘黙症を理由に、外でよくお話するお友達と一緒にしてもらえるよう
配慮をお願いするべきか、迷っていましたが、
(「しゃべれない子」のレッテルがない環境に変わることで、しゃべれるように
なるケースがあると聞いたこともあり、うっすらとした期待もありましたが、)
仮に今のままだったり、もっと頑なになってしまった場合のリスクを考えると、、、

ようやく方向性を決めることができました。

あとは実行あるのみ。

尾木ママも言ってました。
子供を守る為には、モンスターペアレントになれ、ってね。
がんばろう。p(>_<)q
スポンサーサイト
【 2014/03/12 (Wed) 】 こそだて | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。